映像制作の上手な依頼方法

映像制作ドットコム トップ > 映像制作の上手な依頼方法

映像を制作する目的を明確にする

  • WEB上で、商品説明の為のシンプルな映像が欲しい。
  • 会社のブランドイメージをホームページでも訴求できる映像が欲しい。
  • ストーリー性のあるミニドラマに商品を絡めた映像が欲しい。  etc

まず、映像を制作する目的を明確にすることをオススメします。
目的が明確であれば、どういった内容をどの程度の予算で依頼するかがはっきりします。
制作側も依頼者側も意思の疎通が図りやすくなり、目的に限りなく近い映像制作が可能になるわけです。

参考になる映像を提示してみる

「こういった撮り方で、こういった音楽をつけて」と文章で表現することには限界があります。

参考となる映像を提示してみて、全体の構成や各シーンなどについてご提案いただければ、作るべき映像のイメージがよりはっきりと共有できるだけではなく、お見積りや納期などの確定についても かなりの効率化が望めます。
 

どんな流れで制作されるのかを確認する

最終的に映像を制作者より受け取ってみたときに、「こんな感じじゃなかったのに・・・。」とならないよう、事前にラフデザインや絵コンテ、ストーリー等がどうなるのか概要説明が受けられるのか確認しましょう。

訂正・修正には追加料金が発生することもありますし、なにより映像が依頼者の目的に極力合致する方向で作業を進めてくれる業者、制作者を選ぶことが重要なことです。

番外編 どのような事が可能なのか?を尋ねる。

映像といっても、文字や写真を動かすことから、CGやVFXなど様々な事が可能です。
またDVDであればジャケットや盤面のデザイン、メニュー画面など、デザイン面による可能性は様々です。

制作を依頼される際は、想定される予算・スケジュールでどの程度のことができるのかご相談されたほうが、より満足度の高いものを制作してもらえると思います。

無料お見積り・ご依頼・お問い合わせはコチラからどうぞ!

映像制作用語集
よくある質問

ページの先頭へ